株式会社さらご トップページ > 特注品原稿の入稿方法 space

フリーハンドによる入稿

フリーハンドの原稿
  • 紙の上に旗の外枠を描き、ご希望の文字を書き込んでください。右の図のように、フリーハンドでOKです。


  • 色のご指定をRGB値やCMYK値でご指定いただく際には、以下の点にご注意ください。出力機器にはそれぞれ多少の色調差があり、 お客様のシステムと弊社のシステムとで色合いが異なる場合があります。 正確な色指定をご希望の場合は、必ず現物のカラーチップや出力サンプルなどを添付してください。


  • 書体のご希望は、当社の書体のサンプルページをご覧の上、フォントの名称でご指定ください。 当社では広告で用いられる一般的なフォントを多数備えておりますが、当社にない特殊な書体をご希望の場合は、文字の細部がはっきり判別できる印刷物などを添付してください。


  • 別紙で清刷りなどの印刷物を添付して頂けば、お客様独自のロゴも自由にお使い頂けます。 (文字の細部がはっきり見えるものでご指定ください)


  • ご注文時の原稿には、ご希望の仕様をもれなくご記入ください。 前回の原稿に書いたから…と省略してしまうと誤りの原因になりますので、ご注文時にも必ずご希望の仕様をご指定ください。


  • お見積り時のご指定がご注文の際に変更された場合は、必ず原稿とは別に、変更された旨を明示的にご指示ください。 内容が異なる複数の原稿が存在する事に起因する誤りについては、弊社はその責を負いませんので変更の際は充分ご注意ください。


  • 製作を開始した後で原稿の内容を変更したい場合、作業の進展状況や変更箇所によって変更可能な場合と不可能な場合があります。 変更可能な場合は、正しい内容の原稿を改めて再送してください。なお、変更にあたっては追加費用が発生することがあります。


  • 色のご希望は、当社の色のサンプルページをご利用の上、RGB値やCMYK値でご指定いただくのがお手軽ですが、 色見本としてパンフレットの切れ端などを添付していただくと、微妙な色も正確に指定できます。 尚、上記の「色のサンプルページ」はJavaScriptを有効に設定していないと、色の値が表示されません。


  • 縮尺は任意で構いませんが、外枠の縦横比はなるべく正確にお書きください。 完成時のイメージが良く分かるので、全体のバランスをとり易くなります。



データによる入稿

弊社の標準ファイル形式は、以下のとおりです。
AI形式 Adobe Illustrator outline 弊社標準の形式として推奨します。
フォントのアウトライン化が必須です
PSD形式 Adobe Photoshop bitmap デジタルプリントの原稿に推奨します
PDF形式 Portable Document Format outline フォントのアウトライン化が必須です
EPS形式 Encapsulated PostScript outline 弊社標準の形式として推奨します。
フォントのアウトライン化が必須です
TIFF形式 Tagged Image File Format bitmap デジタルプリントの原稿に推奨します
GIF形式 Graphics Interchange Format 87a/89a bitmap データがコンパクトなので、
見積用に推奨します
JPG形式 Joint photographic coding experts group bitmap 圧縮時の劣化があるので、
見積用として推奨します
BMP形式 Windows Bitmap bitmap デジタルプリントの原稿に推奨します

ご参考までに、簡単な原稿サンプルをご用意しました。
横断幕 懸垂幕 染め旗 のぼり
Illustrator形式 サンプル2i サンプル1i サンプル3i サンプル4i
GIF形式 サンプル2g サンプル1g サンプル3g サンプル4g

  • 弊社ではウィルス対策が行われており、 *.exe や *.com 、 *.vbs 、 *.bat 、 *.lnk 、 *.pif などの実行可能な形式のファイル (自己解凍形式の圧縮ファイルを含む)はシステムにより自動的に削除されますので、お受けすることができません。 また、同じ理由で Word形式(*.doc) や Excel形式(*.xls) などのように、マクロが含まれている可能性があるデータファイルも、 お受けできませんので、上段の表に記載されている形式のファイルに変換してお送りください。


  • データを圧縮する場合は、ZIP、LHA、Staffit(MAC)、をご使用下さい。尚、自己(自動)解凍形式の圧縮ファイルにはしないでください。


  • 弊社では、かなり大きなファイルでもeメールで受信できますが、送信側のメールサーバで数メガバイトのサイズに制限されている場合があります。 お送りいただく原稿は上に掲載したサンプルのように、数10キロ〜数100キロバイト程度ですが、高精細度の画像ファイルなどのように、数メガバイト以上の大きなファイルは 下記のメディアをご利用になるか、又は〔宅ふぁいる便〕などの無料サービスが便利です。
    インターネットEメールに添付 ⇒ ご連絡フォームから送信できます。


  • 間違いを防止する為に、入稿媒体(CD-R・MO・メール添付ファイルなど)から使用しないデータを削除しておいてください。


  • 弊社では標準的なグラフィックアプリケーションを、Adobe社のIllustrator および Photoshopとしておりますので、これらのソフトで読み込める形式でご入稿下さい。 弊社ではAI形式(バージョン9以下)をお勧めします。


  • Illustratorで画面上に文字を配置した場合、弊社のシステム上に同一のフォントがない場合がありますので、書体の指定をご希望の場合は必ず 文字のアウトライン データを作成してからファイルに保存してください。


  • 弊社標準以外のアプリケーションでデータを作成された場合は、PDF、EPS、JPG、GIF、BMP 等の一般的な画像形式でデータを保存できれば問題ありませんが、 そうでない場合はご入稿の前に、保存できるデータの形式をご確認の上ご相談下さい。


  • お見積りの段階では、通常あまり精細なデータを必要としませんので、100KB〜200KB程度の小さめのデータで充分ですが、 デジタルプリントの原稿として入稿する場合は、最高の出力結果を得る為に、可能な限り高解像度の画像データを作成する事をお勧めします。


  • 出力機器にはそれぞれ多少の色調差があり、お客様のシステムと弊社のシステムとで色合いが異なる場合があります。 正確な色指定をご希望の場合は現物のカラーチップや出力サンプルなどを添付してください。


  • 特にご指定が無い場合は、入稿されたデータをそのまま使用致しますので、必要な修正やデザインワークなどは、あらかじめ行っておいてください。


  • ご注文時の原稿には、ご希望の仕様をもれなくご記入ください。 前回の原稿に書いたから…と省略してしまうと誤りの原因になりますので、ご注文時にも必ずご希望の仕様をご指定ください。


  • お見積り時のご指定がご注文の際に変更された場合は、必ず原稿とは別に、変更された旨を明示的にご指示ください。 内容が異なる複数の原稿が存在する事に起因する誤りについては、弊社はその責を負いませんので変更の際は充分ご注意ください。


  • 製作を開始した後で原稿の内容を変更したい場合、作業の進展状況や変更箇所によって変更可能な場合と不可能な場合があります。 変更可能な場合は、正しい内容の原稿を改めて再送してください。なお、変更にあたっては追加費用が発生することがあります。


copyright